メリット

ご近所の方との関係性というのは非常に重要です。
引っ越しを行う時などの挨拶もしっかりと行っていくべきです。
またいずれどこで会うかも全く分からないからです。
そういった部分にも着目をしていかれるのがお勧めであるといえるでしょう。
そこでそのご近所さんとの関係性なのですが、もしも住宅ローンが払えないので出ていくということが知られてしまってはいかがでしょうか。
かなり印象的に悪いものにもなっています。
しかも、挨拶にもなかなか行けないようなこともあるのではないでしょうか。
そういったことは大きなマイナスです。
もしも住宅ローンが払えずに競売になりますと、ご近所さんにも知られてしまう可能性もあります。
情報として掲載されてしまうのです。
一方で任意売却はそういったことがありません。
一般の引越しと同じような感覚で不動産の売却が行われるようになっているのです。
ご近所さんと気持ちよくお別れができるようにするためにも、任意売却にはメリットがあるのです。

税金や費用からみる任意売却のメリット

マンションや一軒家の購入には一般的に住宅ローンを利用します。
住宅ローンには、その不動産を担保に入れるのです。
その担保を入れることで結果的に、いい条件で融資を受けることができるようになっているというわけです。
年利で、1パーセントから3パーセントという超低金利になっています。
そういった優遇の裏に担保がきちんとあるというものになっているのです。
そこで不動産に関する住宅ローンですが、払えなくなりますと担保は処分して現金化されます。
現金化された分をローンの残り分へ支払っていくようになります。
そのときなのですが、任意売却にはいくつかのメリットがあります。
そのメリットですが、税金や費用という面があります。
任意売却を行いますと、滞納分の住民税や固定資産税を自分で支払う必要がなくなります。
また、抵当権抹消費用といったものや抵当権解除の書類費用、といったものも支払っていただけるのです。
そしてmマンションなど管理費のある場合もあるでしょう。
そういったものの滞納分管理費の支払いも免除されます。
滞納分が多くなっている場合には、かなり嬉しい結果となるのです。