費用

住宅ローンの返済ができず不動産を差し押さえられてしまうということなのですが、任意売却という方法があります。
任意売却につきましては具体的には市場に近い価格で、しっかりと自分の不動産を売却することができるというものになってます。
不動産を守ることはできませんが少しでも高く売却して、ローンの返済に充てていくようなことはできるようになっているのです。
任意売却ですが、行っていく時には費用がかかります。
その代表的な費用なのですが、不動産仲介手数料です。
不動産売買には仲介手数料というものが発生します。
不動産業者を間にはさみまして売却を依頼していきますので、仲介手数料はどうしてもかかります。
仲介手数料につきましては、不動産売却価格の3パーセントプラス6万円プラス消費税です。
3000万円で売却できましたら、100万8000円になります。
大きな金額ですが、必要になりますので、その点は考慮に入れて任意売却を行うべきです。

任意売却は引越し期日の交渉が可能です

住宅ローンは数千万円の利用になることもある大きなものです。
そのような大きなものですので、考えていくべきことがあります。
返済をしっかりとおこなうことと、返済ができなかった時です。
もしものと金備えまして、普段からある程度の貯金をしていくのもいいでしょう。
それも返済をしていく一つの知恵です。
また返済できなかった時には、不動産の権利がなくなります。
しかし、不動産の権利がなくなるにしましても簡単なものではありません。
競売と任意売却の違いもあるからです。
その任意売却ですが、特に注目すべきなのが引っ越しについての考え方です。
引っ越しなのですが、任意売却の場合は少し余裕がある可能性もあります。
任意売却の場合なのですが、購入者の関係で引っ越し期日はまだ先でいい場合もあるのです。
すぐに引っ越し準備ができないと思っていた方も、任意売却なら少しは余裕ができるというものになっています。
また、任意売却なのですが、引っ越し期日の交渉もできます。
そういったものも利用していい方法を探りましょう。